40歳過ぎたら受けたい大腸がんの検査

大腸がんの検査で確実なのはやっぱり「内視鏡検査」

内視鏡によって大腸の内部を直接見ることができ、ポリープや初期のがんを見つけた場合はその場で切除することができます。

便潜血検査で見落としてしまうような形のがんも発見することができます。
40代以上の方は一度受けておいた方が良いでしょう。

費用は3割負担の場合は7500円程度だそうですが、初診料・診察料・その他の費用は含まれていませんので、余裕を見ておきましょう。

病院によっては、日帰りでOKのところもあれば、1泊入院のところもあります。
それによっては費用が大きく変わってきますので、事前に確認が必要です。
ウチの近所の方は「1泊入院で10万かかった」と言ってましたし・・・

あとは、ごくまれにですが事故もあります。
できることなら消化器の専門医のいる評判の良い病院で検査を受ける方がよいでしょう。


・・・とは言っても勇気がいりますし、わざわざ時間を取っていくのはおっくうなのは確か。大きな病院は待ち時間長いですしね(^_^;)
「内視鏡検査を受けたら、がん保険が安くなる」とか「税金が少し安くなる」とかのメリットがあるといいのになぁ・・・なんて、そう思いませんか?




>>食べ物との関係はあるの?

TOP
posted by mari at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 検査について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。