食べ物との関係はあるの?

「食物繊維を摂ると大腸がんになりにくくなる」
十数年前からそう言われてきましたが、最近の欧米の調査では「リスクはそれほど変わらない」そうです。

「コレを食べれば大丈夫!」

そういったものがあればいいですが、どちらかというと毒になるものを食べるのを控えた方が大腸がんの予防になるように思います。

たとえば「動物性脂肪」肉とかバターなどですね。

こういったものを食べると、分解するために胆汁がたくさん分泌されます。
胆汁には胆汁酸というものが含まれていて、これが腸内細菌によって二次胆汁酸に変化します。
この二次胆汁酸が大腸がんを促進すると考えられているのです。


そういえば、ほんの時たまステーキなんかをたくさん食べると、翌日のおならは臭い気がします・・・腸内の環境が悪化するんでしょうね。

全く食べないと栄養が偏ってしまうのでよくありませんが、日本人の1日平均量の80グラム程度だったら気にすることはないでしょう。


先日TVで放送された「あるある大事典」、「ガン予防には野菜をたくさん食べよう」という内容でした。
ホントに普通であたりまえのことばかりで、スペシャルという割にはちょっと物足りない気もしたのですが、本当の健康管理はけっして奇をてらったものなんかじゃなくて「あたりまえ」のことが一番大事なのかもしれません。

そういえばアメリカでは、政府が野菜を食べることを推奨したため、ここ数年でガン発生率が5パーセント下がったそうです。

「1週間に2回は大根を食べてるよ」なんてアメリカ人もいましたよ。
ちょっとビックリ!

私もがんばって食べなくちゃ☆

>>酒・たばことの関係

TOP
posted by mari at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予防するには?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。