デノボがん

大腸がんはポリープがガン化してできる場合が多いと思われていましたが、近頃ではポリープを経由せず、腸の粘膜に直接できるもので「デノボがん」と呼ばれます。

表面は平らだったりへこんでいたりしています。
大腸がん全体の3割がこの「デノボがん」であるとのこと。
最初から悪性で進行が速いのが特徴です。


大腸ガンについて TOP
posted by mari at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大腸がんについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32150954

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。