大腸がんについて


今までは「胃がん」や「肺がん」「乳がん」が多いといわれていましたが、ここ10年のうちに患者の数が2倍となり、日本人がかかる「がん」のうちTOPになるだろうといわれているのが「大腸がん」

自覚症状がほとんどないため発見されにくく、見つかったときにはもうすでにかなり進行していることが多いとのこと。

大腸がんとはどんな病気で、どんな経緯ででき、治療法・予防法はどんなものがあるのかを調べていきましょう。


次から次へと新しい情報が出ていますよね。
書籍でもチェックしてみましょう!
◆大腸がんの関連書籍◆

※メールはこちらのブログの左下の「メッセージを送る」から
お願いします。
posted by mari at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 目次
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。